オトメメロンの大島種苗店
オリジナル商品
オトメメロンの特長
茨城県鉾田市・茨城町地区でのオトメメロン出荷時期は、4月中旬〜6月上旬になります。オトメメロンは早だし栽培でも大玉傾向になり、ネットも密に発生するため、内容重視の栽培管理に集中できます。このことが食べた時の美味しさにつながります。
果形は球形で横張りし、ネットが密に発生するため見映えがとても美しくしいメロンです。果肉は肉厚で多汁です。果肉色は新緑を思いうかべる、ホワイトグリーン色でさわやかさ抜群です。食味は糖度が15度以上で安定しているため美味しいです。甘さはしつこい甘さでなく、上品ですっきりとした甘さです。また、すごくジューシーで、さわやかな味と香りで最高です。
特徴をまとめると、『早やだし栽培においても、大玉のメロンが収穫でき・密にネットが発生し外見が美しく・糖度のりが良く内容が安定している』と言う、三拍子そろっている事です。
『オいしさ・トきめく・メぐりあい』
是非、オトメメロンをご賞味下さい。
オトメメロン
食味の感じ方は千差万別でありますが、オトメメロンの食べ方には、収穫日から大きく分けて三つあります。
1.
収穫日から3日〜4日たったものを食べる、ツーな食べ方。これは果肉がかたいため歯ごたえがあり、かぶりつくような食感が味わえる。メロン農家はこの食べ方がほとんどです。
2.
収穫日から5日〜7日たったものをたべる、主流派。これは一般的に、美味しいと言われる食べ頃日です。
3.
収穫日から8日〜9日たったものを食べる、大人食べ。これはメロンを縦割りで半分にカットし、スプーンでジューシーな汁と、とろけるような果肉を味わう。特にオトメメロンは果汁が多く、その果汁は正に本物のメロンジュースです。
外観はネット(網目)が全体にバランス良く、密に発生しているメロンをお選び下さい。
1、3の食べ方は、大玉の2L玉・3L玉サイズのものがお勧めです。
注意:5月下旬頃からは外気温が高くなるため、熟度の進みが早くなります。上記目安よりも2日前倒しでお食べ下さい。食べ頃判定の為に果実を指で押さないで下さい。押し傷が出来て傷みます。
オトメメロンの誕生
1995年
タキイ種苗に新しいタキイ交配メロン誕生。その後3年間旭村(現鉾田市)で試作が繰り返され、当地における適応性を確認しました。
1998年12月
当店が30名のメロン農家に試験栽培をすすめました。
1999年5月
収穫されたメロンを判定したところ、早だし栽培に適していることが認められ、大島種苗店が発売することに決定致しました。
1999年6月
このメロンを、大島種苗店とタキイ種苗のオリジナルメロンであることから、頭文字をとって オトメ メロンと命名致しました。
OSHIMA TAKII ORIGINAL MELON = OTOME(オトメ)
1999年10月
新品種オトメメロンとして、種子の発売を開始しました。いっきに30haの栽培面積と成りました。
2000年4月30日
世の中に初めてオトメメロンとして、市場に出荷されました。2000年誕生・オトメメロンの始まりです。
2001年
100haと作付け面積も増え
2002年
更に作付け面積・地域が拡大されております。
2010年
おかげさまで誕生から10年目を迎えました。この10年でオトメメロンはいろいろな方々とめぐりあい、おいしさと、ときめく笑顔を届けて参りました。これからも皆様に喜んでいただけるように「甘くておいしい」をお届けいたします。
株式会社 大島種苗店 本店
〒309-1107 茨城県筑西市門井1971
tel 0296-57-6155 fax 0296-57-6193
株式会社 大島種苗店 旭店
〒311-1414 茨城県鉾田市子生674-5
tel 0291-37-0367 fax 0291-37-0488
Copyright (C) 2011 OHSHIMA SEED. All Rights Reserved.